幼児期セラピー

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_m
スピリチュアルセラピストによるヒプノセラピー
緑マナミの手がける幼児期セラピーは、ヒプノセラピー(催眠療法)の優れた癒しの技術を基本に、脳科学に基づいた癒しと大脳活性化技術を含め、さらにサイキックヒーリング(人の心の潜在能力による癒し)を取り入れた、心と精神、生理面にひじょうに効果的な心理療法です。

ホリスティックケア(自然療法)であるヒプノセラピーは、医薬品や器具を用いず、言葉の誘導のみによって行われます。催眠誘導への高い技術と、人のスピリチュアルマインド=霊性にはたらきかけるための経験や霊性に対する理解を要します。

スピリチュアルマスター緑マナミは、スピリチュアルヒーリング及びサイキックチャネリングの技術と経験を持ちます。ヒプノセラピーの誘導が単一でマニュアル化したものでなく、セラピーを受ける方の意識、心、霊性の状態を鑑みながらワークできるため、より効果的でスピリチュアルレベルの高いセッションです。

幼児期セラピーについて

ひよこ
幼い頃の記憶は潜在意識にあり、過去から現在へ影響を及ぼしている幼児期セラピーは、現在大人になっている、または成長して小さい頃を思い出すことのできる子供が、現在抱えている問題など、あらゆる面において、潜在意識下へ視点を向けることによって、疑問を解消する手助けになる催眠心理療法です。

幼児期セラピーや胎児期(リバース)セラピーは、現在の年齢から時間をさかのぼって、過去の記憶の状態を感覚的、視覚的に体験する心理療法です。現在から過去へ時間をさかのぼるセラピ-を「退行療法(退行セラピー)」と言います。
幼児期セラピーについて
スピリチュアルマスター 緑マナミ
潜在意識にあるトラウマ(心理的外傷)と表面意識(普段の意識) がつな引きをすると、断然トラウマの方が勝ちます。
潜在意識は意識全体の90数パーセントを占めると言われています。頭で考えることよりも、習慣化している概念や身体的記憶が思考を通した理性的判断より力が強いのです。
だから「思ったようにならない」のが普通なので、ダイエットや仕事の計画がうまくいかなかったり。
退行セラピーにおいて、主としてとりあげられる効果や目的は、「過去のトラウマ=心理的外傷」となっている心の奥底にある原因を求めた上で、トラウマを解放するものです。トラウマを解放した後、心にひっかかり、自信の無さや無気力につながっていたブロックがはずれ、生きる意欲、前向きで誠意のある心の持ち方を取り戻します。


タイトルをクリックすると内容がご覧頂けます。

■幼児期がどのように現在にに影響を及ぼすでしょうか?

大人になるにつれてものの道理は分かってきますが、子どもの時点では理解不可能なことがたくさんありますね。子どもの目の高さで教えてくれたら良かったけど、怖い先生や大人も、いましたよね。

今ならばその時の先生や大人の考えもも分かるし、もう怖くないんだけど、子どもの頃に傷ついたり怖かった気持ちや経験が、心の内部で苦手なものを作ってしまっていて、大人になってもそれを避けようとするんですね。危険から遠ざかろうとする人間の無意識的な反応です。

でも、苦手なものが多いと、人生が危険に満ちたもの、という感覚の中にいることになって、人生を楽しめません。常に意識が物事のネガティブな面に向いていて、いつも何かを心配しているので、発展性に乏しくなりがちです。

未解消の思いは、心の成長を止めて「幼いままの自分」が誰かに理解してくれるのを待っているのです。感情の抑圧は蓄積して心の深いところに根ざしていて、成長する過程のその時々において、「自信のなさ」や「不安」になって表面にあらわれます。

■親は男性性・女性性のモデル

ひよこ家庭という重要な場において、個人が人間として一生持つことになる信念、理想、愛情が家庭の中で育くまれます。子どもは親を理想の男性像と女性像として認識していきますが、親が充分なモデルとしての役割を果たせなかった場合は、子の内面に男性性と女性性の理解に対しての歪みが生じます。

やがて大人になり、イメージする理想の相手には、両親から得た情報・価値観を引き継いで異性に対して求める部分が生じるのです。内面に不足している親からの愛情を他者に求める恋愛のかたちになると、相手に全く依存するか自己中心な行動を取りますので、健全なパートナーシップの関係が保てずに悩むようになります。

恋愛がうまくいかないと感じている人の家族関係を調べ、幼児期やインナーチャイルドのセッションを行うと必ずトラウマの部分が見えてきます。

この場合、自分自身を一旦は親から切り離してみることで、親からの影響を考えた上で、親からの概念をうまく自分に良い方向に修正していきます。自分の内側に吸収されている概念をもう一度見直すことが、親への心理的依存を解決する手助けになります。自分を一個人として自分の考えや行動に責任を持とうとする姿勢になりますので、幼児期やインナーチャイルドを見直す作業が結果的に精神的自立を助けるきっかけになるのです。歪みは本人が意識し、気づいた時点から変化が訪れます。

■幼児期の癒し~思い残しを解消する

幼児期の癒し~思い残しを解消する子どもの時の自分に出会うと、大人の自分が変わります。
ヒプノセラピーは、普段は直接触れることの少ない、潜在意識に自然な形でコンタクトします。同時に過去の記憶に含まれる感覚や感情を引き出し、記憶を整理します。意識の内の「記憶の整理」がヒプノセラピーの重要な点でもあり、「記憶の整理」を行うことで以後の精神の状態に変化がもたらされるのです。過去の思い残しを解消すると、「今」を充実して生きる感覚に目覚めるのです。

ヒプノセラピーの「幼児期セラピー」「インナーチャイルドセラピー」「胎児期(リバース)セラピー」では、潜在意識に横たわるトラウマを軽減させる施術が行われます。
セラピーを始めると、それまでは何ともなかったのに、人により身体のどこかが苦しくなったり、悲しい、寂しいなどの感情や感覚がわーっと出てきます。これは蓄積している 心理的トラウマ、身体に関するストレスの情報からのサインです。このサインがある場合は、潜在的な抑圧された意識が表面化して、解放されるきっかけを得たと考えて良いのです。

「幼児期セラピー」では現在より過去の人生の、主に子ども時代に時間退行させ、「思い残し」「トラウマ」に穏やかな光を投げかけます。

■依存症や偏った嗜好を解消する

ひよこ寂しさや空虚感、トラウマを解放すると、心のすき間を埋めるためにしていた行為は必要が無くなります。
依存していた対象からも自然に解放されます。自己を認識すると、これまで気づかずに過去にとらわれていた心の状態が変わります。

買い物、食べ物、仕事のし過ぎなど、あらゆるホーリックになりえるものから解放されてみたら、実にヘルシーな自分に変身、気持ちも前向きに!お付き合いする相手もチェンジしちゃった!という人も出てきます。実に頼もしい変化ですよね!

トラウマ解放だけでない 癒しの効果
幼児期セラピーの効果について明らかなものについて上げてみたいと思います。

■実際にセラピーを体験した方の中からの一例です。

ヒプノセラピーの中でも、特に子どもの頃の意識、感覚、感情を再体験するセラピーでは、おとなになってワクワクすることも少なく、会社と自宅の往復で「最近疲れちゃったなぁ」と感じているビジネスマンの紳士が、ヒプノセラピーで子供の頃に戻って、無邪気にとんぼを追いかけ、野原を駆け回って、おじいちゃんおばあちゃんを思い出し、お母さんが作ってくれたおはぎを食べたことを思い出し、涙と共にその頃のイキイキとした感覚を取り戻しました。
その頃に見ていた景色、自然の色、子どもの頃の、のびのびとした感覚や気持ちを体験して心のエネルギーを高めたのですね。

セラピーの中で、普段の気づまりや精神的な疲れを解きほぐし、自然なあるがままの心、自分が世界の中心にあり、自然や人と調和した感覚になったのです。

失ったものは、あなたの中に見つけられます。

心が自由になってゆくと「今の自分に欠けていたもの」に気づきました。
常に義務感に追われ、いそがしく思考をめぐらす普段の日常で失ったもの・・・答えは、その方の中にありました。
セラピー中に、多くの気づきを言葉で伝えられ、心の中心から出てきたその思い、心の言葉は、本当に大切なものを失わないように、と、ご自分にしっかりと伝えられたのです。

■ビジネスマン紳士の方は、そのセラピーの後、

ビジネスマン紳士の方は、そのセラピーの後、何度も、何度も御礼のお言葉を私にくださってお帰りになりました。この体験を、息子さんや奥様に話したいと仰っていました。
人生が変わる時って、こんな瞬間かもしれないですね。

他にもたくさんの、今はおとなになった子ども達 が「キラキラ」した、子どもの頃の感覚を取り戻しています。

セラピーの時の感覚や感受性は、おとなになった自分と、子どもの自分が同居する形です。子どもの時の失敗や、後悔した出来ごとも、おとなの判断で解決に導くこともあります。

現実世界で失敗してしまった過去の出来事について、本当なこんなことを言いたかったんだ!と、主張して、おとなの自分がそれを助けてあげて、解決させることもあります。

その際の現実的な効果は、トラウマを手放すことと同時に、脳と心の使い方を変化させるます。

脳は、自分自身を客観的に判断できません。この、人間の体に重要な器官は、体のすべてのコントロールを任されている中枢です。心の状態や思考から脳へ、脳から神経、体の各場所にミッションが与えられるのです。理性で判断出来ても、体が言うことをきかない、怖れが先に立ってしまう。苦手なものが克服出来ない、といった状態であれば、「脳と心の使い方を変えてしまう」という方法をとります。

人間は、記憶に頼って生きていると言っても過言ではありません。

繰り返し与えられた情報に馴染み、愛着を持ちます。たとえそれが、ネガティブな否定的な条件だとしても、否定的な事柄に対して習性を持つようになります。

特に、子供の頃に与えられた情報はその後の人生をコントロールする条件となりますので、否定的な条件を具体的に認識して、その部分に新しい条件を与えることによって、潜在意識的な情報を変化させるのです。

これは、病気に対しての内科手術のようなものですが、自然療法ですので、症状だけを取りのぞくのではなく、「どうして病気になったのか?」を知って、心や考え方、行動自体を変えてゆく、全体治療となりうるのです。

心の状態が変わると、体も変化します。慢性的な疾患に効果が得られるケースも見受けます。
人生で最初の、一度のセラピーで、生理痛が治った!という報告もありました。精神的な不安、トラウマが体に及ぼす影響を知る体験でもありますね。

体に病気があれば、並行して心の療法を受けられると良いかもしれません。

☆医学的な治療を受けている方は、投薬や治療の方法により、ヒプノセラピーのような精神療法が認められないこともありますので、セラピーを受ける前に担当の医師にご相談下さい。
image
http://amanami.net

東京・赤坂セラピールーム
京都セラピールーム

RSS amanami.com更新情報

  • ブログ/2017-10-17 2017年10月16日
    ☆京都スピリチュアルツアー/おたより☆ 先月 プライベート京都スピリチュアル一日旅をご一緒した方からご報告をい […]
  • FrontPage 2017年10月16日
    10月20日(金)名古屋 スピリチュアルリーディング&開運お話会 午後1時~3時 ご案内;  11月 4日(土 […]
  • ブログ/2017-10-15 2017年10月16日
    #blog_body(): You already called 京都ツアーが続きます! 先月から 関東各地か […]
  • ブログ/2017-10-16 2017年10月16日
    #blog_body(): You already called 京都☆開運ツアー 関東からのお客様が京都まで […]
  • ブログ/2017-10-03 2017年10月3日
    #blog_body(): You already called 皆様からのおたより 流れるように時が過ぎてゆ […]